今と昔の歯列矯正について

現代の歯列矯正の技術

bing

待ち時間についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 今と昔の歯列矯正について

新着情報

透明歯列矯正のメリット

患者さんの歯の状態に合わせて製作された透明色の枠を付けたり取ったりしながら、歯の矯正治療を受けるのが、歯列矯正である透明矯正です。食事をしたり、歯磨きをする時に矯正装置を一時的に外しておいてもいいので、食べ物が歯に挟まず、歯磨きが容易で、虫歯や歯周病を予防してくれる役割をして歯と歯茎の健康を維持するようにします。歯列矯正である透明矯正装置は、金属製のバンドやワイヤーを使用しないため、洗浄が簡単です。矯正装置が透明で製作されているため、見えないし、歯を包み込んでくれるので、とても楽です。

頭痛から調べる歯科との関係

頭痛が止まることなく定期的におこる為、病院へ行ってもこれといった結果が出るわけでもなく虫歯もあるから歯科へ行ってやはり頭痛が止まらない話をすると、実は歯ぎしりが関係していることがあると知るのです。確かに歯ぎしりはしていてもどこに影響が出ているのか個人ではわからなく、日常生活に差し支えなければそのまま行動します。けれど、歯科専門医は歯のかみ合わせや歯ぎしりが脳に影響を与えていると説明して、マウスピースを作ってみることで経過観察していけるのです。